【AndroidでOpenGL ES】3Dワールドを自由に歩けるようにしてみた

はじめに お久しぶりの更新です。 3Dワールドを更新に更新を重ね、気付いたらFPSになっていました。銃じゃないです。キューブ弾です。 今回はFPS化してしまった3D物理演算プロジェクトの注目すべき部分をピックアップして解説していきます。 同じくGitさんにコミットしておきました。 https:/... (Read More)

【Android】OpenGL ES入門。スクリーン座標をワールド座標に変換してタッチ位置にキューブ弾4【終】

はじめに ついに今回で座標変換とベクトルの話がラストです。 今まで1~3までの記事は以下を参照してください。 【Android】OpenGL ES入門。スクリーン座標をワールド座標に変換してタッチ位置にキューブ弾 【Android】OpenGL ES入門。スクリーン座標をワールド座標に変換してタ... (Read More)

【Android】OpenGL ES入門。スクリーン座標をワールド座標に変換してタッチ位置にキューブ弾2

前回の続き 最初に前回の記事で使ったサンプルを再度貼っておきます。 https://github.com/rashu404/purobana 前回はカメラの注意点からカメラの位置のベクトルを引き算すれば、固定ではあれど画面の奥へ行くベクトルを作れるということをやりました。 今回はその続きです。 ... (Read More)

AndroidとJBulletで3D物理演算入門。反発係数を加えて木箱を跳ねさせてみよう

はじめに カービィのエアライドというゲームが昔ありました。 丸っこくて、敵を吸い込むと能力が得られる奇妙な生物が主題のゲームです。なんだそれ。 街の中をプレイヤーの能力を上げるために戦うシティトライアルというモードで、破壊するとアイテムが出てくる大きなボックスが、軽くなって跳ねてしまう時がありま... (Read More)

【Androidで物理演算入門】キューブ弾を発射する

はじめに 今回はAndroidで物理演算入門ということで、JBulletを使って立方体を砲弾にして射出してみましょう。 タップすると弾が出現し、飛んでいく仕組みです。 改良すべき点は多いので、使う場合は適所修正をお願いします。 公開用のプロジェクトはもうしばしお待ちください。 というわけで、nu... (Read More)

AndroidとJBulletで3D物理演算入門 衝突に必要なCollisionShapeを作ってみる

はじめに 前回、MotionStateクラスについての記事を書きました。 あれからOpenGL ESの入門記事を書いていますが、公開まではもう少しかかりそうです。 さて、今回はいつも通りnullieさんのHelloGameの中で、実際に物体を作る部分のコードを解説していきます。 https:/... (Read More)

AndroidとJBulletで3D物理演算入門MotionSateクラスとは?

はじめに Androidで3D物理演算の開発入門として、本日はMotionStateクラスについてです。 前回のTransformクラスと同様に、Gitさんの以下サンプルを元に解説を進めていきます。 https://github.com/nullie/HelloGame ああnullieさんい... (Read More)

【Android】OpenGL ESとJBulletを使った3D物理演算のサンプルを遊べるようにしてみた

☆2013/4/26更新☆ 新たなAndroid用OpenGL ES×JBulletサンプルを作成しましたので、初めての方はこちらをお使いください。 【Android】OpenGL ESとJBulletで3Dワールドのサンプルを作ってみた はじめに 前回JBulletの講座で使用したサンプルで... (Read More)